プロフィール

椎名晴香は1999年に千葉で生まれるが、1歳の時に父の仕事の都合でアメリカに移住。そこで「MUSIC TOGETHER」という音楽教室で、音楽とのふれあいを通して自由に自己表現をすることを学ぶ。帰国後6歳になってから「萠の会音楽教室」にてピアノを学び始める。そこで音楽の才能を見出され、水野千春氏に師事し、音楽的に歌う表現方法を学ぶ。その後秦はるひ氏に師事。そして弥栄高等学校(芸術科音楽専攻)に入学し、山崎紫乃氏に師事する。在籍中に定期演奏会の「アリアの夕べ」において室内楽を演奏。また、海外研修においてシューベルトの生家での演奏会に出演する。
上野学園大学音楽学部演奏家コース(ピアノ専門)に入学し、植田克己氏、碓井俊樹氏の元で学ぶ。2018年、下田で開催された第4回下田音楽コンクールに出場し、大学・一般の部において第2位(1位なし)を受賞。審査員のひとりには「内面的な深い音、感銘しました。大変丁寧に弾かれていて、楽しく聴かせて頂きました。交響的で素晴らしいです。」と評された。
大学で学ぶうちに音楽と感情の関わりについて強く関心を持ち、自分の演奏で誰かの心を救う事が出来たならばと考え、さらなる演奏の研鑽を積む予定である。

IMG_-jlqgo7.jpg